新卒

新しい業界を創る、
唯一無二のメガベンチャーにしたい

SATO RIONA

2017年 新卒入社

経営管理本部 ヒューマンリソース部

佐藤 里緒菜

SATO RIONA

INTERVIEW

MY DAYS

「新しい働く価値観を創る」というミッションに、ここしかないと確信

サーキュレーションに入社した決め手を教えてください!

理由は2つあります。サーキュレーションはミッションの1つに「新しい働く価値観を創る」を掲げているのですが、それに強く共鳴したことです。私自身、大学で労働経済学を学んでいたこともあり、人の働き方にすごく興味を持っていました。サーキュレーションが目指しているのは、働き方改革のもっと先にある「1人が同時に3社で働く」という本当の意味で世の中の働き方を変えること。世界を変える会社なんだと感じてワクワクしました。

2つ目は「新しい業界を創る」という会社の意志です。就活生向けの説明会で久保田が話していて、私は就活を始めてから業界地図を読んだのですが、そもそも業界地図にも載っていない業界、むしろ業界地図に新しい1ページを加える会社なんだと感じてとてもワクワクしました。

今思うと、会社説明会で久保田の話を聞いた時から入社を決めていましたね。(笑)

自身の直感を信じて即決だったんですね!とはいえ、生涯で1回しかない就職活動で、創業まもないベンチャー企業に入社することにハードルはなかったんですか?

サーキュレーションに関しては“無かった”とはっきり言えます。

就職活動中、私は組織規模にこだわらず幅広く見ていました。本音を言うと、ベンチャー企業や中小企業の中には「将来性あるのかな?」とか「この仕事でちゃんとキャリアアップできるかな?」と不安に思う企業もありましたね。

ですがサーキュレーションには、壮大で可能性に溢れたビジョンと、必ず伸びると信じれる事業、成長しがいがある仕事、そしてそこに本気で取り組むメンバーがいて、全く不安に思うことはありませんでした。あえて言うなら、自分がどれだけ本気で取り組めるかで自分の成長の幅が大きく変わるかもしれないという感覚はあったので、そこは覚悟を持って入社を決めました。

自分自身が会社を創っている実感が持てる仕事を通じて成長していきたい

今の仕事内容とやりがいを教えてください。

メインの業務は新卒採用全般で、採用戦略を考えたり、採用イベントの企画設計と実行、面接・面談、内定者フォロー、入社後研修等を行っています。

最近は社員のキャリア設計施策を考えたり、リファラル文化醸成委員会(Circumate)の委員長をやったりと、人事を中心に仕事の幅を広げています。

やりがいは、なんと言っても“自分自身が会社を創っている”という実感が持てるところです。

私が採用に繋げられたメンバーが多いほど、そしてそのメンバーが志高いメンバーであるほど、組織が拡大し、それが会社のビジョン実現に直結するということを感じられるフェーズです。新卒入社のメンバーが会社の表彰でMVPをとったり、メディアに取り上げられたりすると、感慨深い気持ちになります。

また、失敗を繰り返しながら成長できる環境にもやりがいを感じています。新しい業界を創るベンチャー企業だからこそ、正解がない。その分失敗することもあるけど、その失敗経験が自分の血肉になっているなと思います。攻略本やマニュアルを読みながら取り組むのではなく、誰もやったことがないことを0からトライしているような、そんな感覚です。

佐藤さんは入社当初から新卒採用担当や組織文化創りの中心メンバーとして活躍されていますが、入社以来成長を実感したポイントはありますか?

周りを巻き込んで仕事できるようになったことですね。私が普段やっている採用活動は、面接や説明会、インターンなどで社内の多くのメンバーの協力がなければ成り立たない仕事ばかりです。だから、ただお願いするのではなく、誰にでも意志を持って伝えることをいつも大切にしています。例えば面接官をお願いする時も、「なんで〇〇さんにお願いしたいのか」を必ず伝えるようにしています。力不足を感じる毎日ですが、そうした日々の積み重ねが自分でも感じることができる成長に繋がっています。

「仕事を通して成長できる」って本当にいい環境ですね!他にも日々仕事をする中で意識していることがあれば教えてください。

自分が胸を張って言えることは「メンバーがサーキュレーションに入社した理由」を誰よりも知っていることです。一緒に働くメンバーの想いを知るともっともっと会社が好きになって、人事としてその想いを代弁しようと意気込み、仕事の原動力になります。だからこそ、いつでもメンバーから相談をしてもらいやすいように自分から積極的に声をかけるようにしています。

サーキュレーションを「新しい業界を創る、唯一無二のメガベンチャー」に

サーキュレーションの好きなところを教えてください。

同じビジョンに共鳴した、多様な仲間がい​​るところです!

私自身もこのビジョンを信じて入社を決めたのですが、他のメンバーも同じく、「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンの実現を目指して日々仕事に熱中しています。逆に、ビジョンに共鳴しているという点以外は、キャリアも、強みも、とても多様なメンバーが集まっていて、それが日々の仕事に刺激を与えてくれているなと思っています。

例えば、仕事で少し相談ごとをすると、私には無い視点でアドバイスをくれたり、お節介なくらいに気にかけてくれたり…(笑)大学時代までは、自分と性格とか趣味も似ている同質なコミュニティにいることが比較的多くなると思うのですが、サーキュレーションの仲間は本当にカラフルで飽きないですね!

仲間の熱意を感じて鳥肌が立つ。そんな本気の組織をこれからどんどん大きくしていきたいですね。佐藤さんのこれからの目標は何ですか?

私は日々仕事をする中で、サーキュレーションという会社を「新しい業界を創る、唯一無二のメガベンチャーにしたい」という想いをずっと持っています。それもただ数が増えたらいいのではなく、たとえ1000人の組織になったとしても創業当時から大事にしている「自分の仕事にワクワクし全力を尽くす」、そんなカルチャーを全員が体現する、そんな会社にしていきたいと思っています。ビジョンに共感してくれて、これからのサーキュレーションを創ってくれる仲間をもっと増やしていきたいです。

最後にこの記事を読んでいる未来のサーキュレーションメンバーに向けて一言お願いします。

嬉しいことに、私はメンバーから「いつもポジティブだね」と言っていただけることが多いのですが、ポジティブと言うよりは心の底から自分の仕事にワクワクし全力を尽くせる環境で仕事をできていることに感謝しています。

未来の仲間に伝えたいメッセージとしては、「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンに共感できる人とこれからもたくさんお会いしたいです。
サーキュレーションで一緒に働いている人はそれぞれに強い想いがありますが、その根底にはサーキュレーションが掲げているビジョンへの共感があります。ビジョンに共感できて、自分の叶えたい夢があったり、自分の人生に対するビジョンを持っている、そういった方と共に最高の仕事を創っていけることが心から楽しみです!

MY DAYS

わたしの1日

9:00

チーム朝会

新卒採用チームで、採用進捗の確認を行ったり、業務の役割分担を行ったりしています。
新卒採用は3世代分の採用や育成が同時並行で進んでいくので、日中はメンバー1人ひとりが自立して、それぞれ任されたミッションに従事しています!

9:30

企画業務

11:00

学生面談

選考に進んでくださった学生さんのキャリアの志向整理や、弊社の情報提供を行うことを目的として面談を行っています!
この時間は、サーキュレーションをよく見せることを考えるのではなくあくまでフラットに。学生さんのキャリアに向き合う味方のつもりで、毎回ガチンコで向き合っています!
(それでも、サーキュレーションの面接に受かりたい!と思って色々相談してくれる方は正直うれしい笑)

12:00

ランチ

13:00

インターンシップ

17:00

社内プロジェクトミーティング

社内プロジェクトの1つである"Circumate"(リファラル文化醸成委員会)の委員長を務めています。
所属部署も、エリアも様々なメンバーと、組織をよくするためにはどうしたらいいかを考え尽くして、社内への発信や企画を考えています!

18:00

内定者とミーティング

うちの内定者はめちゃくちゃ積極的で、よく”サーキュレーションとコラボで学生向けイベントがしたい!"と企画を持ち込んでくれます!
企画のフィードバックや、どうやって進めていくかの相談をする時間をよくとっています!