中途

プロシェアリングそしてFLEXYを通して
介在価値を最大化し、日本のDXを牽引する存在に

MURATA HIROKI

2018年 中途入社

プロシェアリング本部
FLEXY部 マネジャー

村田 拓紀

MURATA HIROKI

新卒で中古車のマーケットプレイスシェア首位の企業に入社。現場営業からキャリアをスタートし、拠点責任者として営業戦略策定、メンバーの採用から育成などを経験。
システム開発企業を経て2019年にサーキュレーションに参画。現在はFLEXY部のマネジャーとして、営業企画・戦略策定、仕組み構築や人材育成を通じて企業のデジタル化を支援。
全社横断PJT責任者の経験や、自社ウェビナー「ソノプロ」のDX × 新規事業領域のテーマリーダーとして資料設計から当日のファシリテーションなど、幅広い業務に従事する。

INTERVIEW

MY DAYS

前職で感じたDX人材不足と多次請け構造の課題を解決したかった

村田さんのこれまでのキャリアについて教えてください!

私は愛知県名古屋市出身で、最初は地元の中古車のマーケットプレイスシェア首位の企業に入社しました。現場営業からキャリアをスタートし、拠点責任者として営業戦略策定やメンバーの採用、育成まで幅広く経験させてもらいました。

働くうちに仕事のやりがいや向上心が生まれて視野が広がると、デジタルを活用した戦略性が社内に不足していることに気づきました。ITシステムを導入しているにも関わらず、使いこなせる社員がおらず、事業成長のチャンスを活かしきれていなかったんです。

これからのビジネスでは必ずITの知見が求められると考えていた私は、ITスキルを身につけたいという動機でキャリアチェンジを決意し、東京のシステム開発企業に転職を決めました。しかし、実際にはSESの営業がメインの業務だったため、求めていた本質的なITの知識やコンサルティングの知見は必要とされていませんでした。仕事で関わる開発体制に散見される多次請け構造に問題意識も感じました。

より自身が社会に対して課題解決を行い、ITの知見やコンサルティング経験が積める場所を探していたときに、サーキュレーション、そしてFLEXYに出会ったんです。

サーキュレーションが、村田さんの課題意識や成長意欲に応えられると感じた理由はなんですか。

私には30歳で立てた「人の価値発揮を最大化する」という人生の目標があるのですが、それを達成するのに最も相応しい環境だと感じたのがサーキュレーションでした。

ちょうどその頃は仕事も変わり、プライベートでの大きな失敗も経験したりと、自分の人生設計を改めて考えるタイミングが多々ありました。心機一転、今まで以上に懸命に仕事をするようになってからは、働くことに楽しさを感じて、とても成長実感が得られたのも一因かもしれません。そこで「仕事を通じて成長を楽しめる人を一人でも増やしたい」という人生観に大きく変わったんです。

とはいえ、私の考えていた「仕事を通じて」という言葉の解像度は低く、具体的な実現イメージが持てていませんでした。そんな中で出会ったサーキュレーションのビジョンや事業は、自分自身の人生観を実現するためにピッタリの場所だと感じました。

仕事を通じて成長を楽しむには、新しい経験・知見を得ることが不可欠だと考えています。しかもそれがプロ人材などを介して世の中に循環することで、多くの企業で働く人々に成長機会も提供できるようになります。DX人材不足で悩んだ初職時代も思い出し、サーキュレーション、そしてFLEXYには心から共感できました。

実際に入ってみて感じたサーキュレーションの魅力はありますか?

お客様・プロ人材共に、トッププレイヤーのビジネスパーソンと一緒に働ける環境は本当に魅力ですね。自分も高いビジネススキルや視座を身につける必要があるため、良い意味でのプレッシャーを感じながら、「こんなに優秀な人々がいるんだ」ということを知ること自体にも価値があると考えています。

普通に働いていると、ジェフ・ベゾスをはじめとした「世界的に有名な経営者」のことは、ある意味「異次元」に感じてしまったり、自分の働く会社の社長や会長も「雲の上の人」に感じられてしまう人が多いのではと思います。私の前職も典型的な官僚型組織だったので、経営者やトッププレイヤーのビジネスパーソンと接する機会はほとんどありませんでした。

入社してから当社の登録プロ人材のデータベースに触れて、「こんな高いスキルや職能を持った人がプロ人材として世の中にいるのか」と驚きましたし、そんな方々とプロジェクトをご一緒できることの貴重さを日々痛感しています。

サーキュレーションの組織自体にも強烈な魅力がありますね。なんと言ってもベンチャー魂が強いです。スピード感があり、成長しているからこそ新しい課題が次々に生まれるのも魅力です。手を挙げれば誰にでもチャンスがありますし、経営陣とも近い組織です。私は課題解決が大好物なので、美味しい環境です!(笑)

幅広い業務やコンサルティングを通して
プロシェアリングへの介在価値を最大化する

今の仕事内容について教えてください!

2018年11月にサーキュレーションに参画してから、今はFLEXY部でマネジャーを務めています。

かなり業務が多岐に渡っているのですが、社内では事業推進のために10名以上のメンバーをマネジメントしながら、営業企画や戦略策定、仕組み構築や人材育成を行っています。社外のお客様へのご提案もコンサルタントとして行っており、IT人材のプロシェアリングをソリューションとしたコンサルティングを通して、企業のデジタル化をご支援しています。

全社横断プロジェクトの責任者をすることもありますし、当社が定期的に行っているウェビナー「ソノプロ」ではDX × 新規事業領域のテーマリーダーを務めているので、資料設計から当日のファシリテーション実施までやっています。

自社ウェビナーに携わることには、2つの価値を感じています。

1つは資料作成です。プロ人材は当然、ご自身の職能を理解されています。しかしながら、ノウハウをアウトプットとして体系化されている人は意外と少ないんです。一般的には職務経歴書を作成しますが、それはノウハウ自体の資料ではありませんよね。実際、プロ人材に「ウェビナーを経て思考が整理された」と言っていただくことがあり、ウェビナーを設計し資料を作るということはプロ人材の価値を定義していくということに近いとも感じます。

もう1つは「プロシェアリング」自体の価値です。やはりウェビナーで紹介する事例を整理すると、いかに外部からプロ人材が入って経験・知見に基づいてプロジェクトをリードすることが社内の状況を劇的に改善するかを目の当たりにします。企業の課題を適切に要件定義して、プロジェクト自体やプロ人材にミスマッチが生まれないことも非常に重要です。そこで我々コンサルタントの介在価値があるのだと実感しています。

仕事において大切にしていることを教えてください!

マネジャーとしては、メンバーのキャリア形成を意識した機会提供をしていけるようにしたいと思っています。最近は手を出さないようにして、メンバー自身に挑戦させ、失敗や成功を体験してもらうことに気をつけています。

私自身には出来なくてもメンバーが出来ることがあるので、それを本人にも期待と共に伝えたり、一人ひとりが何に躓くのか仮説を立てながら、メンバーのキャリア形成に役立つ機会を提供したいと心がけています。

入社した際は、まだ人数も少なく、事業の成長にハンズオンでコミットしていく必要がありましたが、組織が拡大している今は「いかに権限移譲を上手く進めて、組織の新たな変革を起こすか」にフォーカスする必要性を強く感じています。そういった観点でも、できるだけメンバーに挑戦の機会を提供するようにしていますね。

FLEXYを日本のDXを先導する存在に
市場と共に自らも成長できるメンバーと歩みたい

村田さんの思う、これからのプロシェアリングについて語ってください!

1つはプロ人材の職能をしっかり定義していくことが重要だと思っています。我々コンサルタントは、入口となる課題だけではなく、プロジェクト成果というアウトプットも把握できている立場です。それらの検証や情報に基づいてプロ人材の職能を定義して世の中に提示しながら、常にアップデートしていくことが重要です。

今はマーケットニーズに応え、プロ人材と企業それぞれに対して機会創出していくべきフェーズですが、今後我々自身がこのデータを活かしていけるといいと思います。

もう1つはFLEXYが世の中にDXを進めていく存在になること。世の中には人間がやらなくても既に十分自動化できる仕事がまだ山ほどあります。それをやり続けるより、人間にしかできないクリエイティブに使える時間に充てることで生産性を高めるべきです。

ビジネスそのものの価値やパーパスや業務を変化させていくということは一大改革になりますが、だからこそプロ人材を活用すべきポイントとも言えます。そんな企業のDXに対して、FLEXYが未来価値を創造していく先導者でありたいですね。

サーキュレーションにこれから入ろうと考えている人たちに向けてメッセージをお願いします!

私たちが臨んでいる市場ニーズのポテンシャルは非常に高く、急成長を求める方には最高の環境です!

FLEXYを通したIT人材のプロシェアリングは、日本の社会課題解決に繋がっています。その分、必要な知識は高度になりますが、だからこそ成長のチャンスがあります。未経験から活躍するメンバーも非常に多く、育成体制もあります。

挑戦を通じて成長したい人にとって、当社はとてもいい環境だと思っています。手を挙げた人にチャンスを与える風土もあります。ただし、プロ人材や経営者との仕事には当然知の探究が必須です。彼らは常に最先端の場所で日々闘うプロフェッショナルたち。こちらも向上心をもって成長し続けることが必要です。コンフォートゾーンから抜け出しながら成長したい人には最適ではないでしょうか。そんな人をぜひお待ちしています。

MY DAYS

わたしの1日

08:00

業務処理・業務整理

09:00

朝会

メンバーから当日のコミットメントを共有し、アドバイスをしていきます。

09:15〜18:00

企画策定・ミーティング・メンバー対応

ほぼルーティンがないのですが、企画検討・戦略モニタリング・仮説検証・ミーティング・メンバーコミュニケーション・資料作成・ウェビナー対応など、かなりランダムに幅広く業務を行います。

18:00

振り返りとタスク管理・残タスクの整理